【MiraiForum】進化するジャングル組織〜思考のダイバーシティが導く未来〜

昨今、外国人雇用や職場内のLGBTQ、女性活躍推進など、ダイバーシティについての話題を耳にすることが増えてきました。性別、国籍など目に見えるものもありますが、目に見えない思考のダイバーシティも存在し、組織のイノベーション創出に繋がります。

今や、ビジネスにおいて「ダイバーシティ」は無視できないトピックになっているのです。
そこでこの度は、

・そもそもダイバーシティとは何なのか?経営との関係性は?
・ダイバーシティ推進は本当に成果とつながるの?
・ダイバーシティ推進をしていく上で、よくぶつかる壁は?
・まず何から始めればいいのか?先進企業はどんな施策を行っているの?

などの疑問に答えながら、施策ありきでなく、「一人ひとりの個性が輝く組織」を作るためのノウハウを徹底解析するmirai forumを開催いたします!

■こんな方におすすめ
企業のCSR担当者や経営者など、ダイバーシティ推進を担当されている方
今後自分の企業でダイバーシティ推進に取り組んで行きたいと思っている方
先進企業のダイバーシティ推進の状況について知りたい方
ダイバーシティ/インクルージョンや、多様性のある組織づくりに関心のある方

■日時
2/27 19:00-21:00 (開場18:30)

■会場
KOKUYO品川ショールーム
東京都港区港南1丁目8−35
https://www.kokuyo.co.jp/com/showroom/tokyo-sr/access/

■参加費
4000円
*美味しい飲食も準備しております。

■内容
18:30-19:00 受付
19:00-19:20 キーノート byピョートル
       「“Why Diversity? ~ Innovation and culture automation ~ 」
19:20-19:25登壇者自己紹介
19:25-20:05 パネルディスカッション
       「ダイバーシティが経営にもたらす成果とは?」
20:05-20:15 休憩
20:15-20:45 ワールドカフェ
20:45-20:50 クロージング
20:50-21:00写真撮影

共催企業:コクヨ株式会社

■登壇者プロフィール

ピョートル・フェリクス・グジバチ
2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立してプロノイア・グループを設立。『0秒リーダーシップ』『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』『NEW ELITE』『Google流 疲れない働き方』『日本人の知らない会議の鉄則』『リラックスイングリッシュ』『ゼロから“イチ”を生み出せる!がんばらない働き方』著者。

鈴木絵里子
グローバルVCファンドFresco Capitalのパートナーに加え、ミスルトウ株式会社の投資部ディレクターを兼務。1986年生まれ。北米や中東などの海外で育ち、マギル大学を卒業後、モルガン・スタンレーやUBS証券の投資銀行部門に勤務。後に米国のドローンベンチャーの日本法人立ち上げを行い日本代表に。グローバルな視点や金融やテクノロジーにおける知見を生かし、スタートアップ投資支援を通じて社会課題解決に熱意を注ぐ。
女性含めた多様性活かす世界を広げたいとfuture female+としても活動する2児の母でもある。
著書に『これからは、生き方が働き方になっていく』(2018年、大和書房)。

城間 健市郎
コクヨ(株)ファニチャー事業本部 提案マーケティング部/コクヨいすー1レーシング監督
2003年コクヨ入社の楽天家。小学生からの夢「アタック25出場」を昨年実現。「夢より、やりたいことを!」が座右の銘。
営業~人事企画部門~新規事業部門を経験し、現在はオフィス空間構築事業のプロモーション全般を担当。「オフィスカイゼン委員会」「コクヨのライブオフィス」を推進する業務のかたわら、「いすー1GP(イスワングランプリ)」の普及による地方創生と、事務いす業界の認知拡大にも取り組んでいる。
また、品川ショールーム内スタジオでのフューチャーセンター活動「エコクリcafe」を主宰し、各種団体とのコラボレーションによる、年間20回の会社非公認イベントを仕掛ける企業内イベンターでもある。

猪谷 祐貴
ライオン株式会社 研究開発本部 イノベーションラボ 研究員
2013年入社後、オーラルケア研究所にてハミガキの研究開発を担当。クリニカアドバンテージハミガキ、NONIOハミガキの開発を経て、2018年より現部所の立上げに参画。現在は舌画像からお口の状態を見える化するアプリの開発に従事し、別途、部所横断型の社内改革プロジェクトにおける〝ダイバーシティ・インクルージョンチーム〟のリーダーを兼務。自己実現のために自己開示、他者承認できる社内風土醸成に尽力中。
2019年の目標は自分の知り合い全員をデンタルフロスユーザーにすること。

寶納弘奈(ほうのうひろな)
株式会社メルカリ Diversity & Inclusionチーム。国際開発の現場で活躍できるIntercultural Competencyを持った人材育成に携わるため、米国のSIT Graduate Instituteへ進学、異文化コミュニケーションのトレーナーになる教育を受ける。在学中からサンフランシスコの教育非営利団体VIAでプログラムディレクターの仕事を始める。卒業後はカリフォルニア州立大学バークレー校でIntercultural Training Specialistを務め、2017年に帰国。その後、大手IT企業のグローバル研修のデザイン・運営に携わり、2018年5月メルカリのGlobal Operations Teamへ参画。2019年2月より現職。趣味は、異文化コミュニケーションについて考えること&多様性を学べる世界中の絵本を集めること。

■司会者プロフィール
森田 樹
プロノイア・グループ株式会社 つっこみコンサルタント(インターン)
2018年10月プロノイア・グループ入社。4月から大手人材会社に就職予定。

※本イベントでは、Facebookのライブ配信および、 メディアの撮影が入る場合がございますのであらかじめご了承くだ さい。
※領収書は、Peatixで発行をお願いいたします。
※キャンセルでの返金対応は、3日前までとさせていただきます。

【MiraiForum】進化するジャングル組織〜思考のダイバーシティが導く未来〜

最新情報

MIRAI 47「パラダイムシフトからウェルビーイングを考えよう」

日々の暮らしや消費が大きく変わる中で、ウェルビーイングが改めて注目されています。 ウェルネスの概念を超えて、身体的、精神的、そして社会的に活力や精神的な平穏、充足感、達成感を追求した生き方が、ライフスタイルや価値観が変化する中で変化していま

MIRAI 47「地方発、教育のパラダイムシフト」

月1日には休校中のほとんどの小中学校が再開する見通しというニュースが流れました。休校中の学校や教員の対応を通じて、それぞれの学校のユニークさが現れたと言えるでしょう。 生徒と教員のコミュニケーションも含めて、あらゆる教育のシーンで「学びのプ

一緒に未来創造しませんか?​

みたことない世界をともにつくりましょう!​