【MiraiForum】最先端スタートアップから学ぶ最高の未来チーム作り~OKRとカルチャー作りの仕組み~

Mirai Forum#10 最先端スタートアップから学ぶ最高の未来チーム作り

〜OKRとカルチャー作りの仕組み〜

■イベント概要

良い組織は、大中小関わらず”人”の可能性を最大限に発揮させる。

ビジネスにおいて、一人一人の個性が有能であることは大切だが、会社として目指しているミッションビジョンとアラインするもの大切だ。もしも、人と人が互いの「適材」を知り、協働的な関係を築くことができれば、予測不可能な素晴らしい力を「チーム」として発揮することになるだろう。

「チームビルディング」や「働き方改革」が推進されている中で、最先端のスタートアップは何をミッションビジョンとして、「個性」集まる中でどんなチーム作りに取り組んでいるのだろうか?

「メルカリをグローバルで闘える日本のトップ企業にしたい。それに貢献できることであれば、なんでもやろうと思っている。そのためには人。これはメルカリに限ったことではないけれど、会社・組織というものは間違いなく人がつくっている。だから人が何よりも大事で。自分は、一人ひとりがイキイキと主体的に働き、自ら成長し続ける組織を創りたいと思っている。」

~株式会社メルカリ 執行役員 VP of People & Culture 兼 社長室長 唐澤俊輔氏~

「そもそも、会社というのは、人が幸せに生きることをサポートする存在だと思うんです。そういう考え方を、世の中に広めたい。だから、まずは働きやすい職場作りというのは会社の大事な役割だと思います。会社を自己実現する場所にする。そのために、私はこれからも働きます。」

~プロノイア・グループ株式会社 代表取締役社長 ピョートル・フェリクス・グジバチ~

そんな「人好き」なゲストをお招きして今回のイベントを開催致します。

■本イベントの対象者

企業や組織を活性化したい人

自分やチームの「働き方」を改革したい人

自社に最適な人材を採用したい人

新しいイノベーションを起こしたい人

ヒト好きな人!

■アジェンダ内容

メルカリ・プロノイアの働き方(カルチャー)

チームビルディング メソッド

企業と個人のミッションビジョンのバランスの取り方

OKRの活用方法、OKRと1:1の連携方法

心理的安全性とチーム作りの関係性

■日時

6月12日(火) 19:00-21:00

■会場

KOKUYO 品川

■定員

70名

■タイムテーブル

18:30 開場

19:00 オープニング

19:10 パネルディスカッション

20:00 休憩

20:10 ワークショップ

20:50 写真撮影

21:00 終了

■持ち物

PeatixのQRコード

名刺

■懇親会

アリ(先着10名)

■登壇者プロフィール

唐澤 俊輔氏

大学卒業後、日本マクドナルドに入社。マーケティング部長や社長室長を歴任し、チェンジ・エージェントとして組織内部からの変革を推進。全社のV字回復を果たす。2017年9月よりメルカリへ移り、4月より執行役員VP of People &Culture 兼 社長室長として、人や組織の観点から急成長するメルカリのさらなる拡大やグローバル化を推進している。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏

2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立してプロノイア・グループを設立。『0秒リーダーシップ』『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』『NEW ELITE』『Google流 疲れない働き方』『日本人の知らない会議の鉄則』著者。

※本イベントでは、Facebookのライブ配信および、メディアの撮影が入る場合がございますのであらかじめご了承ください。

※領収書は、Peatixで発行をお願いいたします。

※キャンセルでの返金対応は、ケータリングの都合上3日前までとさせていただきます

【MiraiForum】最先端スタートアップから学ぶ最高の未来チーム作り~OKRとカルチャー作りの仕組み~

最新情報

MIRAI 47「パラダイムシフトからウェルビーイングを考えよう」

日々の暮らしや消費が大きく変わる中で、ウェルビーイングが改めて注目されています。 ウェルネスの概念を超えて、身体的、精神的、そして社会的に活力や精神的な平穏、充足感、達成感を追求した生き方が、ライフスタイルや価値観が変化する中で変化していま

MIRAI 47「地方発、教育のパラダイムシフト」

月1日には休校中のほとんどの小中学校が再開する見通しというニュースが流れました。休校中の学校や教員の対応を通じて、それぞれの学校のユニークさが現れたと言えるでしょう。 生徒と教員のコミュニケーションも含めて、あらゆる教育のシーンで「学びのプ

一緒に未来創造しませんか?​

みたことない世界をともにつくりましょう!​