【MiraiForum】日本の老舗企業ならではのイノベーター育成手法 〜スーツを着た老舗企業サラリーマンだって*キャッキャリーマンになれる!〜

「うちはモノがいいから大丈夫。必死に何かチャレンジすることなんて必要ない!」

「伝統ある会社だからそんな簡単には変わらない!私一人動いてもむなしいだけ、、」

「ソツなく言われた仕事をこなして、安定した会社員人生を全うできればいい!」

日本の大手老舗企業に勤めていると、気づかないうちに、未来志向からは遠い、お堅くて受け身で挑戦のないキャリア意識(ドンキャリ=ドンヨリキャリア)になってしまいがち。

こうしたドンキャリからの脱出のためには、老舗日本企業から転職したり独立するしか選択肢はないのでしょうか?

いいえ!老舗日本企業の中にも、未来を夢見て自分のやれる範囲を拡げながら、会社を辞めずに新しいコトをキャッキャと騒ぎ楽しみ続ける、未来志向型のキャッキャリ(キャッキャ+キャリア)な人種も確実にいるのです。

これまでの安定的キャリア意識では未来が見えなくなり、イノベーションが求められる今こそ、こうしたキャッキャリーマンの育成が不可欠です。

そこで、今回のMiraiForumでは、KOKUYO、森永、LIONを始めとする老舗企業の最前線で活躍するキャッキャリアなイノベーターの方々をお招きして、「キャッキャ」と楽しく語り尽くすトークセッションを行います。

社内にイノベーションを起こしたい方、起こさせたい方、是非ご参加ください!

*キャッキャリーマンとは

  1. 異業種でキャッキャと騒ぎ集まるのが好き。
  2. 新しいことや機会をキャッチするアンテナが高い。
  3. 3 犬ではなくネコ(CAT)のように、自分の好きな環境を自分で選ぶ性質。


■こんな方にオススメ

お堅い企業に勤めているけど仕事しながら何かイノベーションを起こしたい方

社内でイノベーターを育成し、力を発揮させる環境づくりをしたい方

ワークシフトやライフシフトの老舗企業での実例を知りたい方

元Googleのイノベーターと、老舗企業のキャッキャリーマンのバトルを見たい方

■アジェンダ内容

なぜ大企業にはイノベーションが必要なのか?

お堅い企業でイノベーションを楽しむキャッキャリーマンたちは、なぜ育ったか?

お堅い企業でイノベーターを育成するために必要な環境とは?

社外の関係構築は、キャッキャリーマン育成にどう生きるか?

■日時

10月25日(木) 19:00-21:00

■費用

4000円

*美味しい飲食も準備しております。

■会場

Co working space MORINAGA Village【コワーキングスペース森永ヴィレッジ】

〒105-8517 東京都港区芝浦1-13-16 森永芝浦ビル2階

JR山手線田町駅芝浦口から徒歩7分
■定員70名

■タイムテーブル

18:30 受付開始

19:00 登壇者自己紹介

19:20 パネルディスカッション〜お堅い企業でイノベーター育成するには?〜

19:50 Q&A

20:00 休憩

20:10 ワークショップ

20:50 写真撮影

21:00 終了

■持ち物

PeatixのQRコード

名刺

■登壇者プロフィール

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏
2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立してプロノイア・グループを設立。『0秒リーダーシップ』『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』『NEW ELITE』『Google流 疲れない働き方』『日本人の知らない会議の鉄則』著者。

森永製菓株式会社マーケティング本部菓子食品マーケティング部新カテゴリー担当

平野 智也 

2007年、森永製菓入社。首都圏と東北でスポーツサプリメントの営業を経て、2012年に総務・法務部門に異動。総務では、経営に対して、働き方改革を提案し、全社プロジェクト化を実現。プロジェクト化後は、本社ワークスペース変革チーム、スマートデバイス・クラウドPBX導入チームのリーダーを兼務。2017年より現職。新カテゴリー商品の開発を目指し、今年7月に森永製菓のマーケティング部門としては初のクラウドファンディングによるテストマーケティングを実施。自社アクセラレータ プログラムのメンターとしても活動。

コクヨ株式会社 働き方改革プロジェクトアドバイザー/(一社)日本健康企業推進者協会 顧問

坂本 崇博

2001年コクヨ入社のアニオタ。はやく帰ってアニメを見たいがために、自分の働き方改革を推進し、残業ゼロでノルマ倍クリアする働き方づくりに成功。その後、資料作成や文書管理、アウトソーシング、会議改革など数々の働き方改革ソリューションを開発。

現在は、働き方改革プロジェクト専門のコンサルタントとして、大手企業中心に働き方改革の制度・仕組みづくり、意識改革・スキルアップ研修などをサポート。最近は副業で、会社の年休をとって健康経営を推進する団体の顧問や、働き方改革セミナー講師業も営む。

ライオン株式会社 研究開発本部イノベーションラボ 主任研究員

藤村 昌平

1978年愛媛県生まれ。2004年にライオン株式会社に入社。これまで、R&D部門で一貫して製品開発業務に携わる。住居用洗剤の技術開発や新訴求開発、台所用洗剤の新ブランド開発を経て、2016年よりプロジェクトベースの新規事業創出業務に従事。2018年より新設されたイノベーションラボにて新規事業の実現とイノベーションを生み出す組織創りに注力。

カゴメ株式会社 東京支社家庭用営業三部一課 主任

辻本 美紀

2005年に入社。九州支店での営業職を経て2010年にギフト事業部配属となり、トマトをもっと可愛く・楽しくしたいと、トマトスイーツカテゴリーを創出。カゴメ創業以来初の焼き菓子『トマッティーニ』の開発を手がける。2015年より東京支社営業三部一課でeコマースの営業に携わり、Amazonとの共同プロジェクトを実施。

コクヨ(株)ファニチャー事業本部 提案マーケティング部/コクヨいすー1レーシング監督

城間 健市郎

2003年コクヨ入社の楽天家。小学生からの夢「アタック25出場」を昨年実現。「夢より、やりたいことを!」が座右の銘。

  • 営業~人事企画部門~新規事業部門を経験し、現在はオフィス空間構築事業のプロモーション全般を担当。「オフィスカイゼン委員会」「コクヨのライブオフィス」を推進する業務のかたわら、「いすー1GP(イスワングランプリ)」の普及による地方創生と、事務いす業界の認知拡大にも取り組んでいる。
  • また、品川ショールーム内スタジオでのフューチャーセンター活動「エコクリcafe」を主宰し、各種団体とのコラボレーションによる、年間20回の会社非公認イベントを仕掛ける企業内イベンターでもある。

第一生命保険㈱金融法人部 (某大手金融機関へトレーニー派遣中)

高橋宏之

2007年第一生命入社。中小法人営業担当、代理店事業部門等を経て、2015年に開業前のグループ新事業会社「ネオファースト生命保険」へ社内公募制度を活用し異動。営業担当人財の育成、商品販売戦略の策定、新商品開発プロジェクトなど、本来業務+「その時に一番楽しそうな仕事」に従事。2018年4月より某大手金融機関へトレーニー中。

典型的な社内最適大企業人だったが出会いによって人格が変わり、「人との出会いや経験こそが変化を生んで人生を楽しくする」をモットーに社外をぶらつき様々な出会いを満喫中。

ハウス食品(株)

新領域開発部チームマネジャー(育児休業中) 

豊田陽介

2003年ハウス食品入社。東京支店にて量販店営業を経験後、営業企画推進部にて営業支援、営業政策の立案を担当。2016年に新しく新設された新規事業創造プロジェクトを担当し、社外の様々なイノベーターと交わり刺激を受ける中で、自分らしい人生を模索するようになり、第3子の出産を機に社内初となる『一年間の育休取得』に踏み切り、社内をざわつかす。現在専業主夫として、家事に育児に奔走しながら、毎日を楽しく過ごす。

株式会社タニタ ブランド統合本部 新事業企画推進部

久保 彬子

2007年タニタ入社。国内営業戦略本部に配属され、ネット通販や家電量販店の営業を担当。2017年に新事業企画推進部を立ち上げ、現職。「健康」の間口を広げる新たな商品やサービスの開発に取り組む。2018年には『TANITAツインスティック・プロジェクト』を立ち上げ、エンターテインメントと健康をマージする新たな可能性を探求している。趣味は、酒場めぐり。

※本イベントでは、Facebookのライブ配信および、メディアの撮影が入る場合がございますのであらかじめご了承ください。

※領収書は、Peatixで発行をお願いいたします。

※キャンセルでの返金対応は、3日前までとさせていただきます。

【MiraiForum】日本の老舗企業ならではのイノベーター育成手法 〜スーツを着た老舗企業サラリーマンだって*キャッキャリーマンになれる!〜

最新情報

MIRAI 47「パラダイムシフトからウェルビーイングを考えよう」

日々の暮らしや消費が大きく変わる中で、ウェルビーイングが改めて注目されています。 ウェルネスの概念を超えて、身体的、精神的、そして社会的に活力や精神的な平穏、充足感、達成感を追求した生き方が、ライフスタイルや価値観が変化する中で変化していま

MIRAI 47「地方発、教育のパラダイムシフト」

月1日には休校中のほとんどの小中学校が再開する見通しというニュースが流れました。休校中の学校や教員の対応を通じて、それぞれの学校のユニークさが現れたと言えるでしょう。 生徒と教員のコミュニケーションも含めて、あらゆる教育のシーンで「学びのプ

一緒に未来創造しませんか?​

みたことない世界をともにつくりましょう!​