【MiraiForum】「当たり前なんてない!」未来を変える破壊的トランスフォーメーションとは

社内文化・社会にに変化を起こすべく、組織のあり方、人材の最適化、働き方に対し破壊的トランスフォーメーションを常に追い求め、実現しているリーダーの「ぶっちゃけ」対談聞いてみませんか?

今の時代はテクノロジーの発展とともに、変化も「予期せぬタイミング」でいつ訪れてもおかしくないです。そんないつ崩壊されてもおかしくない「当たり前」に対して備えて置くためには、未来を変えるような破壊的なイノベーションを起こし、トランスフォーメーションを遂げる必要があり、そんなリーダーシップ人材が求められます。本イベントでは、中古車買取ビジネスから月額定額で車を利用できる「NOREL(ノレル)など、劇的なビジネス改革をスタートさせただけではなく、「社内文化」を変えるべく採用や働き方でも大きな変化を遂げたIDOMの新規事業・人事・広報担当執行役員 北島昇氏とプロノイア・グループの代表取締役兼、Motifyの役員であるピョートル・フェリークス・グチバチが「破壊的トランスフォーメーション」についてぶっちゃけトークします。

以下、詳細。

【日時】

4月24日(火)19:00-21:00

【費用】

4000円

【定員】

80名

【会場】

朝日新聞社 メディアラボ渋谷分室

【タイムテーブル】

18:30 開場

19:00 トークセッション

19:45 質疑応答

20:00 休憩

20:10 ワークショップ

21:00 終了

【登壇者プロフィール】

北島 昇(きたじま のぼる)氏

新規事業・人事・広報担当執行役員 

2007年ガリバーインターナショナル(現IDOM)入社。

人事、マーケティング、商業施設向け新型店舗開発、経営企画を担当。その後、新規事業開発室室長として、コネクティッドカー事業、C2C事業(ガリバーフリマ)、アクセラレータープログラムの運営、サブスクリプション事業(NOREL)の立ち上げを行う。
現在はMaaSカンパニーとなるべく新規事業部門の責任者として事業を進める一方で、人事・広報部門の責任者として社内外の多様な人材を活用した「人事制度改革」及び全社的な「カルチャートランスフォーメーション」の推進を行う。二児の父。唯一の趣味は下手ではあるが料理。休みの日は三食とも担当。

ピョートル・フェリクス・グジバチ

プロノイア・グループ株式会社 代表取締役 / モティファイ株式会社 取締役 チーフサイエンティスト

2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立して現職。『0秒リーダーシップ』『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法』『NEW ELITE』『Google流 疲れない働き方』著者。

【MiraiForum】「当たり前なんてない!」未来を変える破壊的トランスフォーメーションとは

最新情報

MIRAI 47「パラダイムシフトからウェルビーイングを考えよう」

日々の暮らしや消費が大きく変わる中で、ウェルビーイングが改めて注目されています。 ウェルネスの概念を超えて、身体的、精神的、そして社会的に活力や精神的な平穏、充足感、達成感を追求した生き方が、ライフスタイルや価値観が変化する中で変化していま

MIRAI 47「地方発、教育のパラダイムシフト」

月1日には休校中のほとんどの小中学校が再開する見通しというニュースが流れました。休校中の学校や教員の対応を通じて、それぞれの学校のユニークさが現れたと言えるでしょう。 生徒と教員のコミュニケーションも含めて、あらゆる教育のシーンで「学びのプ

一緒に未来創造しませんか?​

みたことない世界をともにつくりましょう!​